2017年8月22日火曜日

ゼミ紹介:「フランコフォニーの言語文化」廣松勲先生~前編~

法政大学国際文化学部では、3年生から演習を履修することができます。開講されているゼミは、30以上!このブログでは、各ゼミの内容やゼミ生のみ知る担当教員の素顔などを紹介していきたいと思います。

初回は、フランコフォニー文学を研究分野とされる、廣松勲(ひろまつ いさお)先生のゼミです。ゼミのサブタイトルは 「フランコフォニーの言語文化」
「フランコフォニー」って、何でしょう・・・?

ここからのゼミ紹介は、廣松先生・ゼミ生の皆さんにバトンタッチします。


 ミ 紹 介 



フランス語圏(フランコフォニー)は、ヨーロッパの他に、北米大陸(カナダ・ケベック州)やアフリカ諸国(マグレブ地域と西アフリカ)、一部のカリブ海域諸島やインド洋・太平洋地域諸島など、世界中に広がっています。廣松ゼミでは、そんなフランス語圏の言語文化的な多様性と共通性を、文献・映像などを通して分析します。主なゼミの活動は、毎週課題となる本を分担し、レジュメを元に発表しています。また、卒業研究の作成に向けて、個人発表を行うこともあります。このように、フランス語というひとつのつながりから、言語や宗教、人種、教育など様々な問題について理解を深めています。(ゼミ生4年生,A.M.さん)

 あ る 日 の 松 ゼ ミ 

活動 レジュメ発表の日
廣松ゼミでは毎週指定された文献を皆で読み込んでいくという活動をしています!各自章ごとに担当を決めて、内容の要約レジュメを作成し、ゼミの日に発表という流れです。大変だけど、すごく要約の力がつきますよ!(ゼミ生3年生,M.I.さん)

活動 個人発表の日
廣松ゼミでは、卒論の準備段階として個人発表を行います。卒論で自分のやりたい研究内容、現在集めている資料、どこまで作業が進んでいるかを発表します。教授から卒論のアドバイスを頂けるのでがんばれます!(ゼミ生3年生,R.F.さん)


 ゼ ミ 生 は た ! 

昨年度は、他のゼミと合同でゼミ合宿を行い、富岡製糸場を訪れました。


合宿中、激辛のカレーを食べたり、ホラー映画好きが発覚したりと、廣松先生の意外な一面が見られて大変面白いものでした。(ゼミ生4年生,A.M.さん)

画 を 通 じ て フ ラ ン ス 語 圏 ( フ ラ ン コ フ ォ ニ ー )を 見 て み よ う !

1回 日本版DVDのある作品
1回では、日本版DVDが発売されている作品を中心にまとめてみました。
フランス語圏とはどんな地域なのか、そして各地域でどんな言語文化が育まれているのかを知るために、ゼミでは、次のような映画を見てきました。いずれも言語・文化・民族間の接触をモチーフにしており、かつ “ステレオタイプ/クリシェ”を存分に活用しながら、コメディータッチに描かれた作品です(一部コメディではない作品もあります)。当然ながら、このような映画に描かれる世界観を鵜呑みにしてはいけませんが、同時になぜそのようなステレオタイプが生じたのかを調べてみるのも面白いでしょう。

予告編はYouTubeなどでも閲覧できるものが殆どですので、興味のある方は是非ご覧ください。

1.カナダ・ケベック州の映画
①『ブレイキング・コップス』(原題:Bon cop Bad cop2006年.
⇒カナダ英語圏(オタワ)の刑事とカナダ・フランス語圏(ケベック州政府)の刑事が、オタワ・ケベック州境において発生した殺人事件現場にて出会うことになる。彼らは反目し合いながらも、その殺人事件の捜査を行うことになるのだが…。つい最近までカナダ映画史上、もっとも多くの興行収入を獲得した映画であり、2017年度には続編が公開されました。
ケベック州・モントリオール:サン・ジョゼフ礼拝堂(遠景)

2.ヨーロッパの映画:ベルギーが舞台
『神様メール』原題Le tout nouveau testament2015
⇒もしも神様がベルギーに住み、世界がベルギーから始まったとしたら?神様の娘は傍若無人な父親に反発し、より幸せな世界の創造を求めて旅をすることになる…。原題を訳すと『全く新しい新約聖書』という意味合いになります。『新約聖書』のように、ただし今回は神様の「娘」が主人公となり、使徒を集めるための旅に出ます。

3.フランスの映画:国際結婚、タイムスリップ物
③『最高の花嫁』(原題:Qu’est-ce qu’on a fait au Bon Dieu2014年.
⇒敬虔なカトリックの夫婦、彼らの3人の娘が結婚したのは、出身や宗教(ユダヤ人、アラブ人、中国人)が自分たちとは全く異なる男たちであった。そして、最後の望みの末娘が結婚相手に選んだのは、カトリックとはいえ、コートジボワール出身の黒人青年だった…。本作と比較しながら、フランス映画に於ける移民系の人々の描かれ方を観察してみるのも興味深いでしょう。

④『おかしなおかしな訪問者』(原題:Les visiteurs1993年.
⇒中世フランスの騎士とその従者が自らの過ちを正すためにタイムスリップ。しかし、到着したのは20世紀のフランスだった。どのようにして彼は過去に戻り、歴史を正すことができるか…。中世と現代フランスを旅する2人は、また別の意味で異文化を体験することになります。本作は第2作(1998年)、第3作(2016年)が制作され、またハリウッドでもリメイク(2001年)されました。



「フランス語圏は、欧米だけじゃないのか!」と、驚かれた方もいらっしゃるでしょうか。今年度のゼミ受講生は全員がフランス留学経験者ですが、フランス語を知らない学生も履修ができる、多文化・他文化共生について考えてみたい全ての方に開かれたゼミです。
フランス・アンジェ:西部カトリック大学入口
本学部SAフランス参加者は、この大学の国際フランス語研究センターで学びます(2017年度現在)
次回「後編」では、お薦め映画情報第二弾を公開いたします。
アフリカ諸国やカリブ海諸島を舞台とする作品も取り上げられますよ!
どうぞお楽しみに。

2017年7月18日火曜日

【学生スタッフに聞く!】法政大学オープンキャンパス、ここが面白い!

法政大学では、毎年オープンキャンパスを開催しています。


学部・学科説明に模擬授業、学生企画やキャンパスツアーなど、法政大学を知るための企画が盛りだくさんのこのイベント。今年度も学生スタッフを中心に、高校生の皆さんをお迎えする準備を進めています。

今回は、国際文化学部学生スタッフの3年生・長谷川さんに、オープンキャンパスの見どころなどについて、お伺いしました!


オープンキャンパスに向けて、今はどんな準備をされていますか?

展示班、FP班(※)、トーク班の3つの班に分かれて活動しています。
展示班では、学部や受験、留学などに関しての展示物の作成。
FP では、学生が司会を務める学部学科説明会に向けての準備。
トーク班では、留学体験を中心としたトークショーに向けての準備をしています。
各班の活動の他に、当日お配りする冊子の作成や、来場してくださる方々に正確な情報をお伝えできるように、学部の勉強会も行っています。

※学部広報委員注:
長谷川さんいわく、"Faculty Presentation"の略称ではないか、とのこと。
歴代のスタッフが引き継いできた名称のため、元の形を確認することができませんでしたオープンキャンパスの歴史を感じますね・・・。 

オープンキャンパスに参加すると、どんないいことがありますか?

実際に学生と話をすることができるのが、法政大学のオープンキャンパスの良いところだと思います。受験体験や、大学の魅力、学部の魅力など、学生の生の声を聞けるチャンスです!国際文化学部企画では、実際に留学を体験した学生の話を聞くことができます。もちろん受験や進路についての相談も大歓迎です。学生と話してみることで、大学の雰囲気が感じられたり、新たな発見を得られたり、受験へのモチベーションを上げられたりするかもしれません。私たちスタッフも、来場者の方々とお話しできるのを楽しみにしています!
トークショーやキャンパスツアーなど、楽しみながら大学を知ることができるのも、オープンキャンパスに参加する大きな利点だと思います。

国際文化学部の良いところ/オモシロポイントを教えてください!

  
国際文化学部にはいろーんな学生がいます!文化をキーワードに様々なことを学ぶので、興味のある分野が違う友人も多くできます。
また、留学が必修なので、学部生全員が留学を体験します。留学を終えて日本に帰ってきて、友人とそれぞれの留学先での体験を共有できるのも国際文化学部の面白い点だと感じています。留学先は英語圏だけではなく、フランスやロシア、韓国など、10か国の中から選ぶことができるので、それもいろんなタイプの学生がいる理由の一つかなと思います。
  
※他にも、オープンキャンパススタッフからはこんな意見が挙がりました!
〇3年O.Hさん
SAという共通の話題がある。学年が違ってもSAの話題で盛り上がれる。
SA先の国も人によって様々なので、それまで自分が興味を持っていなかった国の話も聞けて、視野が広がる。

〇3年Y.Mさん
SAから帰ってきてからも、SAで得たことを活かせるゼミがあるので、4年間の流れがしっかりしている。

〇4年I.Aさん
ただ言語だけを学ぶために留学があるのではなく、いろいろな文化を学ぶ一環として留学があるのが良いと思う。
SA前は留学に向けて語学や文化を勉強でき、SAから戻ってきてからは、留学中に関心を持ったテーマや、「日本に戻ったらこのことを深く学んでみたい」と思ったテーマについて、研究していける環境がある。



市ヶ谷キャンパスでは、本イベントを8月6日(日)、8月20日(日)、8月21日(月)の3日間で開催予定です。学部・学科説明会等事前予約が必要となる企画もありますので、以下のページより、詳細をご確認ください。

法政大学入試情報サイト:オープンキャンパス2017
http://nyushi.hosei.ac.jp/event/oc

皆様のご来場を、心よりお待ちしております!


2017年7月8日土曜日

もっと知りたいSA!留学先の時間割を公開します~前編~

「国際文化学部のSA(スタディ・アブロード)プログラム中、各留学先ではどのような勉強をしているのだろう?」と気になっていた高校生の皆さん、お待たせいたしました。
2017年度SA参加者の留学先時間割を、2回に分けてご紹介いたします!
SA参加年度や受講クラスによって内容が異なる場合もありますが、SAの雰囲気を感じていただけますと幸いです。

時間割や回答を提供してくださったのは、2018年度国際文化学部パンフレット「SA体験記」執筆者の皆さん。前編では、SA英語圏(カナダ)・ヨーク大学参加者の細井さん、SAスイス・ザンクトガレン大学参加者の安井さん、SAフランス・西部カトリック大学参加者の川名さんにご協力いただきました。



SA英語圏(カナダ):ヨーク大学



コア授業とは、どんな授業ですか?
4技能(読む・書く・話す・聴く)の力を総合的に伸ばすような活動が1コマの中で行われる授業でした。クラスのレベルや先生によって内容は様々で、毎日違うことを学びました。

||| 例えば |||
・あるテーマについて作文し、書き終えた内容について口頭で発表する。
・事前にリーディングの予習用課題に取り組み、授業中はその課題で述べられていた
 内容についてのディスカッションや、関連するテーマの聴解問題に挑戦する。

では、セミナー授業はどうでしょう?
レベルごとに用意されたいくつかの選択肢の中から、自身の希望するものを選んで受講できるのが「セミナー授業」でした。
授業は、様々な分野(リーディング・リスニング・文法・IELTS対策等)やテーマ(ビジネス・カルチャー等)の中から選ぶことができ、申し込みは先着順でした。



SAスイス:ザンクトガレン大学



授業1コマは、どのくらいの長さでしたか?
授業によって長さが異なることもありますが、2時間程度でした。

「日本とスイスの文化の影響」の内容が気になります。
資料を読んだ上でそれについて意見を述べる、読解が中心の授業でした。
スイスだけでなく、ドイツの話題も取り上げられたりしました。
||| 例えば |||
・ドイツ語で書かれた日本文化に関連する新聞記事を読み、意見を述べる。
 新聞記事のテーマは
 「多くの日本人が暮らす
      ドイツの都市・デュッセルドルフの寿司食べ放題サービス」 
   「日本の店と同様の設備・サービスが整っている
      ドイツのラーメンショップ」等。 
・ドイツ語圏の文化について資料を読み、日本の場合はどうか、意見を述べる。

「ザンクトガレンの歴史」は、どんな授業でしたか?
講義と課外学習から構成される授業でした。課外活動はせず、半日の講義のみだった回もあります。
||| 例えば |||
・10:00から2時間講義を受けたのち、
 午後は講義の内容に関連する修道院などの施設を訪問。



SAフランス:西部カトリック大学





「言語」は、どんな授業でしたか?
先生によって内容が異なり様々な活動があったので、内容を一般化するのが難しいのですが・・・。
例えば、4年に1回開催されるボート大会に関する新聞記事を読んで、その内容について感想を発表したりしました。フランス大統領選挙が話題になっていたことから、「政治の仕組み」がテーマとなった日もありました。

「フランスの日常生活」は、どんな授業でしたか?
先生があるテーマについてフランスの事情について解説をしてくださった後、留学生が自分の出身地の事情について話すような授業でした。 取り上げられたテーマとしては、地理・社会福祉・行事・習慣・食文化・医療システムなどがありました。




留学先の文化と日本の文化を比較する授業が、複数のSA先で実施されていることがわかりました。留学先の諸事情について学びながら、日本の事情についても関心を持って情報を集め、それぞれについての自身の意見などまとめておくと、留学先でより深い議論ができるかもしれませんね。

後編では、SAロシア・SA中国・SAスペイン・SA韓国の時間割をご紹介します!

2017年6月14日水曜日

【卒業生インタビュー・土居麟馬さん】やるかやらないかの2択で、「やる」を選択する

受験生の方から時折、「この学部に入ったら、外国語ができるようになりますか」とご質問を受けます。残念ながら、「外国語ができるようになる」魔法はありません。外国語学習に限らず、国際文化学部が皆さんにご提供できるのは、目的地に向かって歩いていくための「ヒント」。遠回りしないコツや、新しい観点などです。待っているだけでは何も得られませんが、手を伸ばせば伸ばすほど、多くの「ヒント」を集めることができます。
手を伸ばすことの大切さにいち早く気づかれた土居さんに、学部時代のエピソードや現在のお仕事について、お話いただきました。

国際文化学部卒業生インタビュー 2015年3月卒/デザイナー

土居 麟馬さん



「世界に衝撃を与える」をモットーに、原宿系アパレルブランドでデザイナーをしています。しかし、専門の勉強をしてきたわけではありません。この学部に入って得たあるポリシーを基に今を生きています。

そのポリシーは、3年生の時に見出しました。「やった人が勝つ」のではないかということです。1年生の時は中国語を勉強し、SA中は上海で自転車旅をし、その後は1年間休学してロンドンに留学しました。自分は何でもできる、そう驕り高ぶっていました。でも実際、自分は何も残せていませんでした。大成している人と自分、その違いは何か?その疑問について、教授に相談したり、頑張っている友人を見たりして、わかりました。答えは単純で、「やったかやっていないか」。自分だってやれると思っていても、言い訳してやっていませんでした。そこからマインドを切り替えて、講義を最前列で受けたり個展をやったりもしました。技術とかは置いといて、やった者勝ちだと思ったからです。

専門の勉強をしたわけではない僕がデザイナーとして現在仕事をできているのは、センスがあるからとか、そういう理由ではありません。やるかやらないかの2択で、「やる」を選択するからです。そして、学部で学んだあらゆることを引き出しながら仕事に生かしています。学部での出会いと学びがなければ、今頃僕は形だけで本質の無い人間だったと思います。

「国際文化学部はアットホーム」です。このことは、僕が入学する前によく耳にしました。そして実際、アットホームでした。教授方は僕たちの想像を遥かに超えるすごい人たちで、学部の職員さんもとても親切。この贅沢な環境が、僕は大好きです。




土居 麟馬(どい・りんま)1991年生まれ、横浜市出身。2007年に法政大学第二高等学校に入学、高校時代はアメリカンフットボール部に所属。2010年に法政大学国際文化学部に入学。スタディ・アブロードプログラムでは上海に留学、その後一年間ロンドンに語学留学。学部4年次に国際文化情報学会で個展「Rimma Doi Exhibition」を開催し、奨励賞受賞(右写真は展示の様子)。2015年卒業後、アパレルブランド「ACDC RAG」で仕事をスタート。

2017年6月1日木曜日

2017.5.18 「生明俊雄先生 講演会『ヒット曲はどのように作られてきたのか― レコード産業における音楽制作&マーケティングのあり方とその変遷 ―』」開催レポート

5月18日(木)、講師に生明あざみ俊雄先生をお迎えし、FICオープンセミナー「生明俊雄先生講演会『ヒット曲はどのように作られてきたのか ― レコード産業における音楽制作&マーケティングのあり方とその変遷 ― 』」が行われました。

生明俊雄先生
講演のテーマはズバリ「ヒット曲はどのように作られてきたのか」。「ヒット」の影には宣伝その他の仕掛けが必ず存在しますが、生明先生によると、日本で最初の「ヒット曲」である『カチューシャの唄』(1914年・大正3年)には、すでに現在の「タイアップ」「メディアミックス」と呼ばれるような現象が起きていたとのこと。ちょっと驚きです!

スクリーン上は『カチューシャの唄』作曲者の島村抱月
会場には、国際文化学部を中心に本学の学生、さらには学外からの参加者もあわせて多彩な顔ぶれが集まり、講師のお話に熱心に耳を傾けていました。

講演会の様子
講演会は終始なごやかな雰囲気で進みましたが、レコード会社での勤務のご経験を踏まえた生明先生のお話には、大変説得力がありました。とりわけ音楽制作の現場に関するお話、音楽産業の現状・要因分析からは、音楽とは人間が作っているのだということが強く伝わってきました。

質疑応答の様子
音楽CDの売り上げの不振やテレビの音楽番組の減少が伝えられる今日、アーティストたちは果たして幸せなのでしょうか?私たちの追究はまだまだ続きます。
(文責:林志津江)

2017年5月29日月曜日

2018年度国際文化学部パンフレットが完成しました!

法政大学では、各学部に関するさまざまな情報をお伝えする目的で 例年「学部パンフレット」を作成しています。 国際文化学部についても、最新版の学部パンフレットが完成しました!


表紙は、国際文化学部生によるデザイン。 それぞれの学生の行く先が明るく自由でキラキラしたものであることを、シャボン玉で表現しているとのこと。

関連記事:2018年度国際文化学部パンフレット表紙デザイン決定!

国際文化学部での学びについて、留学について、進路について・・・、今年度のパンフレットも盛りだくさんの内容となっています。 内容を、少しだけご紹介します。



||| 1年生・2年生 |||
1年生のページでは、入学後すぐに受講していく必修科目や、外国語科目についてお読みいただけます。
2年生のページでは、留学に向けての準備について、学部生にインタビューしました。








||| 海外留学体験記 |||
すべての学生に留学を義務付けている、本学部。各留学先の体験記も掲載しています。
各国の雰囲気が感じられる写真とともに、ご覧ください。
||| コース制 |||
国際文化学部生は、4つのコースから1つを選んで学習していきます。 それぞれのコースの印象的だった授業について、国際文化学部生がご紹介します。
||| ゼミ・研究 |||
国際文化学部では毎年30以上のゼミが開講されています。学部パンフレットでは、4つのゼミをご紹介。 各ゼミ受講生の取り組んでいる研究の内容も、お読みいただけます。


パンフレットは、国際文化学部Webページで公開中です。こちらからご確認ください。
国際文化学部についてご興味を持ってくださった方は、下記リンク・エントリー集や、8月実施のオープンキャンパスを活用して、情報収集してみてくださいね!

関連リンク集
法政大学Webシラバス 各講義の内容や到達目標、参考書等が確認できます。
卒業研究タイトル一覧 国際文化学部生が取り組んだ卒業研究のタイトルを公開しています。

国際文化学部公式ブログ・関連エントリー集
国際文化学部の留学(SAプログラム)導入編 国際文化学部のSAプログラムの特徴、留学までのスケジュール、学生寮・ホームステイそれぞれのメリット・デメリットについて紹介しています。
国際文化学部の留学(SAプログラム)準備編 留学先はどのように決定するのか、どのような説明会が実施されていくのか、持ち物についてのアドバイス等をお読みいただけます。心の準備をするための、学生広報委員おすすめ映画情報も。
国際文化情報学会2016開催 2018年度パンフレット11ページでご紹介している「国際文化情報学会」の、2016年度の様子がご覧いただけます。

2017年4月25日火曜日

2017.4.22 牧内博幸ドミニカ共和国大使講演会「わが飯田、法政大学、バルセロナ、そしてドミニカ共和国」開催レポート

2017年4月22日、牧内博幸ドミニカ共和国大使の講演会が開催されました。


このイベントは、牧内大使が長野県飯田市(=SJ国内研修の実施地)の出身で、法政大学二部文学部英文学科で学んだあと外務省に入省、昨年まではバルセロナ(=SAスペイン留学先)の総領事を務めるなど、本学部と多くの接点があることを契機に企画されました。


大使と学生との交流の場ともなることを目指した本企画では、まずSJで飯田に行った韓国留学生キム・ジュアさんから人形文化に関する報告を、


またSAと私費留学でバルセロナに学んだ中目彩子さんから、スペイン音楽をジェンダーの視点で考える発表をしてもらいました。


次いで、牧内大使の講演に入り、生い立ちから始まって、とくに外務省入省後のスペイン語圏各勤務地での観察が語られました。昼間働きながら夜間に本学に通った際の苦労話や、その中で機会を着実に捕まえていった様子、中南米に勤務する外交官としての水面下での行動(人質救出など)や、キューバのカストロはじめ、接点のあった個々の政治家に対する人物評など、興味深いエピソードがたくさんありました。


会場には本学の学生・教員のほか、飯田・下伊那出身者、本学同窓生、スペインや中南米関係者など、30人あまりが集まりましたが、大使の気取らない人柄と、経験に裏打ちされた率直なお話に、各自が新たな知見や生き方のヒントを汲み取ったひと時でした。

以下は、企画した二人の教員からの感想です。
髙栁:まだ行ったことのない中南米が身近になりました。講演で触れられたドミニカ移民について、戦前の満州移民や同時代の北朝鮮帰国事業とも絡めながら、今後さらに追ってみたいです。
大西:机上の空論ではなく、スペイン語圏の最新情報を織り込んだ貴重なお話は、外交の最前線で活躍しておられる大使の熱い息づかいが伝わってくるものでした。すばらしかったです。


【関連リンク】
法政大学 国際文化学部Webページ
FICオープンセミナー「牧内博幸ドミニカ共和国大使講演会「わが飯田、法政大学、バルセロナ、そしてドミニカ共和国」」開催について(2017年4月5日掲載)